FC2ブログ

第2回パーキンソン病を勉強しよう IN 四国

2012-04-02
3月31日

 高知に行ってきました。ゆっくりJRで。
去年は高松であった、パーキンソン病の勉強会、今年は第2回目でした。
いずみの病院の副院長の清家真人先生の総合司会で、会は午後6時から始まりました。

  最初は、徳島大学の若手研究者の牟礼英生先生が、

パーキンソン病における機能的画像診断 
NYに留学時代の研究成果を中心に、パーキンソン病の特徴を画像的に導けるような、
加えてそのパーキンソン病らしさのスケールも作り上げておられました。

  次は、愛媛大学の臨床薬理センター 准教授の、永井将弘先生が、

日常診療に役立つL-dopa の臨床薬理
こちらは愛媛大学お得意のL-dopaの血中濃度の解析を行い、
その使い方、そのいろいろをレクチャーしてもらいました。


 さてこれからは、これからのパーキンソン病治療について、が始まり、
非常に活発な討論がなされました。
さすがに定位脳手術のエキスパートの先生方の集まりで、
神経のパスウェイの討論や、パーキンソン病の中の新線はどうして感受性が違うのか、など、など。
みなさんの活発な討論は、それぞれの師匠筋の話とも相まって、
昔話も出たりで楽しい討論となりました。

 そのまま隣の部屋で懇親会が催され、
ビールやワインを飲んでの楽しいひとときを過ごしました。
その上、
来年の第3回は、小生が愛媛で行うこととなり、
小生にとってはうれしい限りです。
来年のこのページでも、またお知らせできることを楽しみにしています。


高知城


高知城


 今日は朝から、高知城に行ってきました。
板垣退助さんの銅像が最初に迎えてくれました。
お城の上まで上がって、最終的には天守閣にも登って、
高知の街を見下ろしてきました。
ちょうど桜も5分咲きくらいです。
朝のお散歩にはちょうど良いくらいでした。
帰路は、
朝市の中を歩いて、高知駅に。

 楽しい春の勉強会、それにお散歩と、JRの旅でした。



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://takedaneuro.blog.fc2.com/tb.php/49-9adb2a36
<< topページへこのページの先頭へ >>